CATEGORY 舞台・ミュージカル

ミュージカルのボイトレおすすめ書籍レビューその1

歌えることは武器になる “クラシック歌手がクラシック以外を歌うことに可能性を感じ、俳優が「歌を歌えれば仕事を得られる現実的な可能性が広がる」ことに気付くに従い、ミュージカルは両方のグループにとって益々魅力的なものになって…

タップダンスとミュージカル映画に夢中だった頃

ミュージカルといえば、アステア、ジーン・ケリーでしょ スタンリー・ドーネンという存在の大きさ ネットのニュースでスタンリー・ドーネン監督の訃報を知った。 「On The Town(邦題:踊る大紐育)」、「恋愛準決戦」「雨…

オン・ユア・フィート!

「世界が、私の歌を待っている」・・・なーんてことを言ってみたい。 「スポンサードリンク」 どうも。 「オン・ユア・フィート!」がグロリア・エステファンのジュークボックス・ミュージカルだと認識できるまでは、 ついつい「オン…

ボイトレ「クラシックからスタート」は正解か?

水の流れはいつだって上流の方が澄んでいる。 ボクは、楽器演奏にしてもダンスにしても、そしてボイトレにしても、「クラシックからスタートする」ことに一定の意味があると思っている。 もちろん、ジャズから入ってくる人だって、フォ…

ボイトレのバイブル〜歌声のひみつを解くかぎ〜

話をするだけのためならば、こんなこみいった仕組みは必要ではない。 歌を始めて40年。 クラシックの声楽科学生、歌手・俳優としてミュージカルの舞台に立ち、その後ボイス・トレーナーとして数えきれない人たちの声を導いてきた中で…

ミュージカル・ナンバー歌い方のコツ

ミュージカル・ナンバー歌い方のコツを教えます 「スポンサードリンク」 これまでもワークショップや専門学校、大学の体験入学など、いろんな場所で伝えてきたノウハウの一つを今日はブログで披露します。 主に翻訳作品のミュージカル…

役者の演技力を何で測るかという話

泣くのは役者か?観客か? 「演技をすることに慣れてしまうと、普通の表情ができなくなる。 パターン化された顔に自分の感情の方を当てはめるようになり、 本来あるはずのいびつな表情や、中途半端な表情ができなくなるのだ。」 恩田…