呼吸こそ真我への道標

呼吸を通して心と身体の調和を手に入れる

人間の心身は「自然が意図した状態」とは真逆な方向へ向かっているに違いない。

人間関係のストレス、運動不足、睡眠不足、栄養(食事)の偏り、電磁波、etc.・・・

でも、自ら呼吸を整えることによって、開放・再生への第一歩を踏み出すことができる。

ボクが今でも読み返す発声のバイブルとも言うべき本の中に、こんな一節がある。

筋肉の本当の活力は、力の強さにあるのではなく、その可動性の中にあるのである。

この可動性を失わず、かつその能力を十二分に発揮するために必要なのは、筋肉のしなやかさであり、余計な力が全て抜けていること=リラックスということになる。

さらに、そのリラックスをもたらすのが呼吸なのだ。

ゾーンにしろ、フローにしろ、マインドフルネスにしろ、

たどり着く、その先にあるのは心と身体の調和に違いない。

そして、そこへの導き手が呼吸なのだ。

要は「真我への道」ということなのだな。

 

「スポンサードリンク」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA