儚さこそ、生命の輝き

「死ぬまで少年の心でいることのできる人は実に幸いである」有島武郎

かつて劇団の舞台でご一緒した彼の訃報を知りました。

まわりの心を軽くする、明るくする、そんな笑顔の人でした。

ふと、楽しかった日々のことを思い出しました。

訃報を知らせる劇団のHPで見た彼の写真、遠い昔の日々の、その明るい笑顔を思い出しました。

きっと、「死ぬまで少年の心でいることのできる人」だったのだろうな。

そんな風に思いました。

 

少し前に、本当にある日突然、教え子がこの世を去ったことを知りました。

まだ20代も前半なのに…。

以前大学が実施していた、入学前相談会の静岡会場で逢ったのが最初でした。

落ち着いた雰囲気の、しっかりした子でした。

卒業しても、歌を続けてくれたらいいなと思っていた人でした。

 

これから静岡に戻る度、あの日のことを思い出すのだろうな。

両親亡き後、静岡に戻るのがちょっぴり切ない移動になっていたので、これでまた、切なさが増しそうな気がしています。

 

「儚さこそ、生命の輝き」

 

確かにそうなのかも知れません。

 

一瞬、一瞬、過ぎ去って行く時が、儚くて尊い時間なのですよね。

 

こういう虚しさ、切なさ、やりきれなさを抱えながら、ボクたちは残された日々を生きていくのですよね。

ふと、この曲を思い出しました。

“疲れを知らない子どものように

時が二人を追い越して行く

呼び戻すことができるなら

僕は何を惜しむだろう”

小椋佳作詞作曲「シクラメンのかほり」

 

Requiescat in Pace

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA