気分はアウトドアなスパイスの魔法

噂のほりにしゲットしました

ゴールデンウィークに入ったものの、昨日今日と仕事を引きずりPCとお友達。

夕方近くになってやっと外出できたので、近所のショッピングモールまで買い出しに。

そこで、前から気になっていた、今巷で評判の(!?)アウトドア料理用スパイス“ほりにし”を購入してみました。


なんでも、発売1年で10万本とか売れたらしいです…。マジか。(;´д`)

少し前に、やはりアウトドア向けのスパイス、“黒瀬のスパイス”をゲット。

早速使ってみたところ、そのワイルドな風味にすっかり惚れ込み、目下いろんな料理にことごとく振りかけて食しております。

これ使うと、気分はすっかりアウトドアな感じで、かなり気持ちが高揚します。

妄想族と化します。

訳もなくキャンプとか行きたくなります。

いや、訳はあるのか。

 

ほりにしも楽しみ、早く使ってみたいですね。
BBQとか、いいですよね。

OKストアでちょっといい牛肉買って、ササっと振りかけて焼くと格別な味わいなのです。

クセになります。

オススメします、是非一度お試し下さい。

自分はショッピングモールに入ってる、キャンプ用品を扱っているスポーツ用品店(名前ド忘れした…)で見つけましたが、Amazonとかでも買えるようです。

キャンプブームから垣間見える時流

さて、ちょいと現実的な話をしますと、

キャンプ、かなり来てるようで、テント売約済みとかなってるのがけっこうありました…。

コロナによる経済効果というか、影響ですね、明らかに。

 

アウトドア業界は全体的に利益上がってます、おそらく。

少し前に大きなDAISOに入ったら、めちゃ立派なキャンプコーナーできてましたから。

流れがそっちに向かっていて、この先しばらくは続くんじゃないかな、という印象。

 

まぁ、自分の場合、根はインキャでインドア派なので、キャンプ自体にはそこまで興奮しません。

ただ、アウトドア・ギアや調味料みたいな周辺事情(!?)には興味あるので、またチェックしつつ気になるものは試してみようと目論んでます。

こういう、薄味の見込み客を取り込んでいけることが、意外と重要に違いありません。

金額的にはさほど大きくなくても、継続的にお金持ち落としてくれる層の分母が大きければ、長期的に見て安定しますもんね。

スパイス1年で10万本の市場、掴んだらデカいですよね?

 

スパイスから学ぶ世の中の流れっ、てとこでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA