今できること、考えるべきこと、すべきこと

金だけが人生ではない。が、金が無い人生もまた人生とは言えない。

これは、サマセット・モームの名言。

「金だけが人生ではない。が、金が無い人生もまた人生とは言えない。
十分な金が無ければ、人生の可能性の半分は締め出されてしまう。」

というのが全文です。

コロナ禍で、たくさんの業界がダメージを被ってますが、
演劇業界の痛手は筆舌に尽くし難いものがあるはずです。

しかも、世界的な現状を見る限り、この状態はおそらくまだ数年は尾を引くことになるでしょう。

ジワジワとその現実は広がってきます、この先。

さらに、現に舞台が配信へとシフトして言っているように、
この先きっと新しいスタイルが次々生まれてきます。

これも当然の成り行きです。

「チーズはどこへ消えた」っていう本がありました。

もう、かれこれ20年も前に書かれた本です。

スペンサー・ジョンソンという人が書いた本で、

迷路のなかに住む2匹のネズミと2人の小人が、
迷路で見つけたチーズ(そこに行けばいつもありつけるもの)。

それがある日突如として消えてしまい、
ネズミたちは(本能のまま)すぐに新しいチーズを探しに出かける。

ところが小人たちは 、
チーズが戻って来るかも知れないからと期待をし、なかなか行動に移そうとしない…。

この話のミソは、

「現状に気がつかない」

「現状に無頓着」

「現状を見て見ないふりをする」

「習慣を変えようとしない」

「行動せずに御託を並べる」

ってところです。

これとちょっと似たような話で「茹でガエル」の話ってのがあります。
知ってますか?

沸騰したお湯にカエルを入れたら、飛び出すでしょうが、
カエルが入っている水を少しずつ熱していくと、

カエルは温度の上昇になかなか気がつかず、
気がついた時には手遅れ。

沸点を越えて茹で上がってしまう、
というお話です。

ポイントはやはり、

「目の前の現実の変化に気付かない」

もしくは、

「目の前の現実(の変化)に気付かないふりをする」

ってところでしょうか。

必要なのは変化。そのためには勉強。そのためには…

どの業界、組織も本当に厳しい状況ですよね…。

そこに関わる個人…もっとヤバいですよね。

もう、今まであったチーズは、そこにないかも知れないんです。

さらに、他の業界の、チーズ以外で食いつなごうとしても、
そっちはそっちで、昨日まであった餌が…無いんです。

 

新たなチーズを探して、旅に出る必要があります。

変化する必要が。

そのためには、行動しながら勉強し続ける必要があります。

ただ、食っていかなきゃなりません。

勉強するんだって、多少の資金は必要です。

そのための工夫についても、書いていきたいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA