未来について語ろうよ

これは、人に何かを教える立場に立つと、誰にでも起こり得る共通のことだと思うんだけどね・・・。

“自分の経験から話す、伝える”ものだから、どうしても「過去の話」ばかりになっていく。

それも、どちらかと言えば「うまくいったこと」のオンパレード。

 

もちろん、経験してもいないことを人に教えるわけにはいかないから、当然と言えば当然。

それも、教わる側は基本「どうやったら、上手いこと結果を出せるか」に一番興味があるわけだから、こちらが成功体験について語ることになるのも・・・まぁ、致し方無しな場面多し。

もちろん失敗談も話すけど、それをどうやって成功に結び付けていったかも、立場としては重要なところ(?)。

 

でも、そうやって「過去の話」に埋没してくのは、自分自身にとってはちとマズイんじゃないかと警戒している。

 

「未来について語ろうよ。」

そう思うことがある。

 

例えば、同級会、同窓会みたいな場面?

「あの時はああだった、こうだった。」

 

もちろん、それはそれで楽しいのも事実。認める。だけど・・・

ふと、冷めた気持ちで見つめ直す。

 

「ん?これって、年寄り臭くないか?」(笑)

 

先が見えない。

悶々とした“今”。

でも、「昔は良かった」にハマっちゃいかん。

 

だって、「今まで」と「今」は似ているけど、違うから。

 

かつて劇団で教わった“折れ”で言えば、連続する時間をどこで折るかだ。

「長い折れで喋れ。」

そう言われたものだった。

 

ただ、時代の流れ、スピードの中で生きることに関しては、折れが短い方が良い場合だってある。

「どこで折るか」は重要だ。

 

変化、成長。変化、成長。

もがく。

自分自身に「未来について語れる」自分で居るために。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA